学校概要
沖縄県うるま市立伊波小学校

      沖縄県うるま市石川伊波287番地

          Tel 098-964-2088

 学校創立 

明治27年4月に美越小学校の伊波分校が独立して、伊波尋常小学校として誕生平成24年4月で創立118年目を迎える歴史のある学校です。

 学校及び地域の様子 

学校は、うるま市石川の市街地や金武湾、恩納の山々が眺望できる上原とよばれている海抜68.5mの高台にあります。

校区は、14世紀に伊波城が築かれてから200年余の間、城下の村、純農村共同体として栄えた伊波をはじめ、山城、東恩納、嘉手苅(楚南は戦後、長い間軍用地として接収されていたため、農耕地としては、基盤整備等も行われ、蜜柑やキビ作り等も行われている)、美原、前原(戦前は東恩納の屋取で戦後分離した部落である)そして新しくできた県団(県営住宅地)から成り立っています。

古い豊かな歴史を持つ地域である故、史跡や伝説も多くあります。また、山城(ヤマシロ)や伊波(イハ)性の児童が多い事も大きな特徴です。

父母の大半が本校の卒業生であり、母校に寄せる期待も高く、又学校行事への努力も大変すばらしいものです。

 児童の様子 

本校の児童はとても運動好きで、特に陸上運動は、市子連の運動会でも毎年校区の子ども達が抜群の成績を挙げています。

少年野球、ミニバスケット、ふるさとこどもクラブ、等の大会地域の行事でも活躍しています。